SAC埼玉 トップページ

イベント企画・演出・出演依頼はSAC埼玉へ。

芸術鑑賞会・演劇鑑賞会・音楽鑑賞会・観劇会・音楽会・敬老会・季節の祭り・祝賀会・野外イベント・ピアノコンサート・歌謡コンサート・伝統芸能鑑賞など各種イベントをご検討の際にはSAC埼玉の加盟劇団にどうぞお声かけください。地元埼玉を文化芸術で盛り上げます。文化芸術団体の長年の経験と知恵を地元埼玉に還元するべく奮闘中です。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

SAC埼玉とは

埼玉県内を拠点に活動するプロ創造団体7団体が結集し自主的に運営。すべて数十年の活動実績がある会員団体が、地域文化の発展に寄与するため日頃の各自の活動状況を交流し合っています。近年は2月に「Happy Festa」を開催。2018年2月には4回目の開催を控えています。イベントの企画・運営・出演すべてを会員団体で賄っています。そのほか、大人から子供までを対象とした県内外地域イベント、学校、教育施設、社会教育事業等の企画・運営・出演に各団体が携わっています。

【加盟団体 音楽】

  • (有)文化センターボックス・・・音楽セラピーの第一人者 歌で高齢者のいきがいを
  • sound office音旅舎・・・ピアノからトイピアノまで音楽で行く心の旅の世界

  • こちらのQRコードから音旅舎のトイピアノが聞くことができます。

【加盟団体 劇団・演劇】

  • CAN 青芸・・・子どもの世界を描かせたら天下一品の児童劇団
  • 劇団鳥獣戯画・・・シェイクスピアから歌舞伎、現代の社会問題まで幅広く描く実力派劇団

【加盟団体 大道芸・伝統芸能】

  • グレゴの音楽一座・・・グレゴと人形たちの織りなす不思議な夢の世界

  •     

  • クラウンパラダイス・・・言葉の壁を越えたココロノコトバで語りかけるクラウン(道化師)
  • でん舎・・・和太鼓・獅子舞、大道芸 日本の伝統芸能を子どもたちに

SAC埼玉 会長挨拶

『生きる力を育む場所』

アートで地域活性
アートでコミュニケーション
アートで経済発展
アートで世代間交流
アートで人材育成

昨今、至るところで目に、耳にする言葉です。
日本国内はもとより、世界全体が、この“不確かな”時代に大きな不安を感じ、また“経済的な発展=幸福度が増す”だけではないと気づいた今だからこそ、原点回帰の表れだと感じています。そもそも、人間が人間らしく生きるために必要なこととは何か?本当の意味での“豊かさ”とは何なのか?“確かなこと”とは何なのか?改めて見つめ直した時に、自らを表現すること・新たな価値観に出会い想像すること・共感共有しコミュニケーションを重ねていくこと・・・いわゆる「アート」の持つ力が見直されているのでしょう。

ここ数年、私は、故郷である四国と埼玉との往復を年に何度も重ねていますが、ここでも、アートを介しての新たな発見、気づきの連続です。地方に暮らす人々(しかも一般)の「感性・感度の高さ」「地域性をフルに活かしたアートの在り方」に驚かされることばかりです。アートの力を活用して、地域の自信を取り戻している姿を目の当たりにするにつれ、本来の拠点である埼玉ではどうなのだろうか・・・と置き換えて考えてみたところ?

これもなかなか捨てたものではありません。
今年で3回目を迎えた≪Happy Festa in 川越JUNホール≫。まさに地域の方々が集い、新しい表現に出会い、笑顔で交流出来る文化のお祭りとして、私たちが目指す文化交流のイベントとなってきました。また、私自身の居住地でもあるふじみ野市では、文化振興施策を掲げ、市民を中心にしたアート会議を継続実施しながら、地域の魅力を引き出す取り組みに力を注ぎ始めています。立派なホールを持たず、文化的な催しも決して多いとは言えなかったこの地域が、アートを中心に生きる力を育む「場所」となろうとしていること。これはとても嬉しく、SAC埼玉としても今後、丁寧に関係性を構築していきたいと考えています。

どこに居ても、アートの中心地になれる。今年度のSAC埼玉は、より一層、埼玉のアート力を高めていける団体を目指します。

2017.6.22 SAC埼玉 会長 畑 奉枝(sound office 音旅舎)

【メール会員にお友達をご紹介ください】

SAC埼玉の情報をお届けする
無料メール会員を募集しています。
月1回発行(各月1日配信予定)です。
ぜひ皆様のご友人、お知り合いの方にご紹介ください。
登録はメールフォームから
http://sacsaitama.com/mail/