第4回 Happy Festa in JUNホール 大盛況でした~♪

この記事は、SAC代表 畑奉枝(音旅舎)のブログからの転載です。
https://ameblo.jp/ototabisha/entry-12352204201.html

****************************

昨日 2月11日 は SAC埼玉主催 <Happy Festa>

心配していたお天気も上々で、最高のイベント日和でした。

今年は 音旅舎 は出演団体ではなく、SACの仲間としてスタッフに回りましたが、皆でつくる舞台の1日が楽しいことには変わりなく。

しかも、今年の演目は、新作揃いと聞き、この日をワクワク待っていたのです。

出演団体の皆様は、前日から会場入りして、仕込みやリハーサルに余念ありませんが、スタッフは当日朝から参戦!!

顔合わせ後、当日の役割分担、進行の確認をし、せーの!!でスタートしました。

各団体の公演チラシの挟み込み作業も、慣れたものです。

特に演劇関係の団体スタッフの、仕事の早いこと早いこと。

あっという間にセット完了しました。

 

各団体のリハーサルはもちろん、それぞれ役割にのっとって、お客様を迎える準備が始まりました。

受付担当して下さったのは たかはしべん音楽事務所 の 制作・森田さん と クラウンパラダイス の 制作・大場さん。

この2人がいれば、受付業務は完璧です!

 

駐車場の誘導も、大切なお仕事。

先ほどの森田さんのダンナ様が、やるよ~!と名乗りでて下さいました。

マイ・誘導棒 を持って! (笑)

 

寒い中、ありがとうございます!

この日から、JUNホール駐車場主任に就任されました。 (笑)

 

私は、会場外でのグッズ販売担当でした。

各団体のグッズを預り、ディスプレイ。

特に、グレゴさんが使っている タップ人形 Jack 大人気でした!

 

自分のCDも並べましたが、今はそれ以上に、この本を読んでいただきたいです。

 

今回は、ケータリングカーも登場!

お花屋さんでもあり、古民家カフェを営まれている方が、はちみつやジャムを華やかに並べて下さいました。

 

いちじくのジャムも美味しそうだったので、購入!

パンも買えばよかった~!

大まか準備も出来たので、中に入ってリハーサルの進捗状況も確認したり・・・

ウロウロするのも、楽しいです。 (笑)

役者さんや舞台さん方、談笑中。

 

こちらは、動画チェックでしょうか?

 

音響卓も準備完了、劇団鳥獣戯画 の かとうちえりさん です。

マルチの才能お持ちの彼女は、脚本・演出家でもあります。

 

はい、そして肝心の出演団体ならびに出演者のリハーサル&公演風景のご紹介です♪

劇団鳥獣戯画 の役者2人、柔軟体操の真っ最中です。

実はこのお2人、母娘なんですよ。

劇団を背負ってキャリアを積んできたベテラン女優アリコさんと・・・

モノゴコロついた時から、演劇の世界で育ち、成長株の若手女優ユニコちゃんと・・・

名コンビです!

 

ユニコちゃんは、フランスに文化留学して学んできたコントーション (体の柔軟性をみせる芸) を武器に、演じ、歌い、踊れる役者さん。

みて、この柔らかさ~!

 

2人が演じたのは ル・プチ・プリンス 星の王子様

2人だけで何十もの役を演じていく…というスタイルでの新作でした。

 

舞台セット裏も見せてもらいました。

プロペラ機もありましたが、これ、顔出しパネルにもなるんだよ~と聞いて・・・

 

早速、顔を出しての記念写真は?

お獅子さん!! (笑)

いえ、実は私も他のメンバーも、喜んで写真撮って遊んでいました。

 

公演そのものも見たかったのですが・・・

あまりにも満席で、スタッフは入りきれませんでした~!! 残念!

かろうじての覗き見ショットです。

でも、出てきたお客様方の表情を見ればわかりました。

いかに充実した舞台だったかと。

 

続いてのリハーサルは、不思議ガイジン?

グレゴの音楽一座 による グレゴの魔法の森

小物楽器や道具の多いこと!

チェックに余念がありません。

 

 

グレゴさんの相棒 マージャ です。

なんともいえぬ繊細な音色、素敵でした。

 

本番はやはり満席でしたが、少しだけでも~と、短時間紛れ込んで鑑賞。

グレゴさん、立ってるだけで注目の的!

おしゃべりが始まれば、もう皆さん、グレゴの世界にどっぷり惹き込まれていましたよ。

 

 

そしてこの日のトリをつとめたのは でん舎 による どどんとにっぽん

 

和太鼓と獅子舞をベースに、全国各地の郷土芸能を見せ、聞かせ、巻き込むスタイルで、楽しませてくれました。

毎年、お正月に放映されるTVコマーシャルに出てくる獅子舞は、実はほとんどこの方です。

1月だけで40ステージほどこなしたという、活躍ぶり!

熱気で中に入れず、ガラス越しにパシャリ!

 

さてもう一人、忘れてはならない出演者を。

この3本の作品の前に、お客様を迎え入れ、会場をあったか~く笑顔いっぱいにしてくれたのは?

クラウンパラダイス の クラウン TOTTA

出番待ちのレアなショットから!

 

一緒に写真を撮りたい~と、お客様方がどんどん集まってきます。

場の空気を一瞬にして HOT にしてくれるクラウン、素敵でしょ?

 

開場して間もなく、ステージでもジャグリングやギャグの連発に、笑いの渦でした。

 

ご予約だけでも満員となり、もう打ち止めにすべきか話しているうち、

当日券も多くの方がおいでになり、会場内の熱気がすごかったこと!

最後は、お客様や関係者が残っての、交流会でした。

素敵な仲間たちに 乾杯 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

会場となった JUNホール は、SAC埼玉の催しでも、音旅舎公演でも、たびたびお世話になっています。

オーナー&奥様が自ら、お手製の看板を飾り付け、焼きたての焼き芋、珈琲などでもてなして下さるのも、すっかり恒例となりました。

決して便利な場所ではありません。

川越市内とはいえ、駅からバスで20分ほど。

しかもそのバスも、1時間に1本あるかないか? の頻度ですから。

決して新しくてお洒落なホール? ではありません。

皆で材料持ち寄り、または様々なところで使われなくなった材料を寄付していただいたりして、元倉庫を改装して作られた会場です。

考えてみたら、JUNホールはもちろん、私が各地域で何度もお世話になっている会場も、考えてみればほとんどがそういう場所です。

けれどいつも人々で賑わい、人々が笑顔で 「また来ますね~!」 と言いながら帰っていかれる。

そして必ずまた、足を運んで下さる。

地の利がいいとか、今風の近代的な設備だとか、人を呼ぶために誰もが “一番大切な条件” のようによく言われますが・・・

本当にそうでしょうか?

本当に求められている文化って、なんなのでしょうか?

答えはここにあるのでは?

そうそう~

いつもいらして下さるお客様が、帰りがてら、こんなことを話していかれました。

これほどの内容や規模で、豪華な出演者の皆様の舞台。

しかもこの満員ぶり!

もっと立派なホールでやっても良いのに~と思いながら来ました。

でも、終わってみて、納得です。

JUNホールだから良いんだな、それがジワジワしみてきました。

投稿者: sacsaitama

芸術鑑賞教室・演劇鑑賞会・音楽鑑賞会・観劇会・音楽会・敬老会・季節の祭り・祝賀会・野外イベント・ピアノコンサート・歌謡コンサート・伝統芸能鑑賞など各種イベントをご検討の際にはSAC埼玉の加盟劇団にどうぞお声かけください。